レベルトライアル・メイ

キャラクターの詳細:レポート記事参照

最速達成レベル:モルガーナLv:4

魔防MAXレベル:神官Lv:12→モルガーナLv:4

目標到達レベル:モルガーナLv:10

スポンサーリンク


 

レベルトライアル作戦
魔道士Lv:1 HP ATK TEC SPD LUC DEF RES
初期値 20 9 1 7 5 2 10
上限値 52 42 40 40 40 38 40
魔道士Lv:1~神官Lv:20 32回 33回 39回 33回 35回 36回 30回
38回
魔道士 最高値 39 28 20 26 24 21 29
目標値 20 25 16 21 20 16 29
手抜き可能回数 19回 3回 4回 5回 4回 5回 0回
神官 最高値 52 42 39 40 40 38 40
目標値 48 42 31 35 33 31 40
手抜き可能回数 3回 2回 4回 5回 6回 4回 5回
モルガーナ 上限値上昇後 52 45 40 41 42 38 43
手抜き可能回数 19回 16回 10回 13回 10回 12回 16回

メイの場合、初期値からして一番不足している項目が分かり易い。

初期値は1しか無い癖に40迄伸びてくれるTECを最初から狙っていく事になるが、そのうちDEFも照準に入ってくる。

ただでさえメイはTECとDEF素の成長率が低めで、尚且つ女性魔道士の兵種補正のせいでDEFの成長率が更に低下しているが、そこはハイスコアの為(以下略)。

反面、メイの素のRES成長率は2%と低くなく、尚且つ兵種補正の恩恵で更に伸び易くなっているので、RESを伸ばす事には骨は折れないだろう。

おまけにRESの初期値が10あるメイの場合、順調に「RES+一番不足している1項目」が伸びてくれれば、神官Lv:12でRESはMAXに到達する。

但し、上述の通り初期値が1しか無いのに40迄伸びてくれるTECだけは、間違い無く神官時代にMAXにはできない。その為、モルガーナにクラスチェンジしてからALLMAXを狙う事となる。

幸い、モルガーナにクラスチェンジしてもTECやDEFの上限値は引き上がらない上に、比較的伸ばし易いATK、SPD、LUCの上限値が伸びてくれるので、最速だと上限値が3点ずつ引き上がるATKとRESが再度MAXに到達するモルガーナLv:4でALLMAXにできる。

スポンサーリンク


宜しければ、コチラのセールスレターも御覧になって下さいな(*^-^*)

 

レベルトライアル挑戦結果

挑戦結果:魔道士 HP ATK TEC SPD LUC DEF RES
Lv:1 20 9 1 7 5 2 10
Lv:20 35 27 17 24 21 16 29
上昇回数 15 18 16 17 16 14 19
挑戦結果:神官 HP ATK TEC SPD LUC DEF RES
Lv:1 36 27 17 24 21 16 29
Lv:20 48 42 33 39 36 31 40
上昇回数 12 15 16 15 15 15 11
挑戦結果:モルガーナ HP ATK TEC SPD LUC DEF RES
Lv:1 49 42 33 39 36 31 40
Lv:9 52 45 40 41 42 38 43
上昇回数 3 3 7 2 6 7 3

今回も、「RESを含む全項目」が一気に伸びてくれる事が多々あり、例え不足している項目が2項目以上あっても、それらを同時に伸ばしてくれる事も少なくはなかった。

それは神官にクラスチェンジした後も同様だったが、流石に「RESを含む全項目」が一気に伸びてくれる事は少なくなり、少々失速している感はあった。更に、HPも危なくなったし。

メイの場合、最初から照準に入っていたTECと、ただでさえ成長率が低い上に、兵種補正のせいで更に伸び辛くなっているDEFが主に照準項目として入ってきたが、上述の通りRESが伸びると両者共伸びてくれる事も多かった。

当然の如く神官Lv:12でRESはMAXに到達し、少しの時間差でATKも42MAXに到達していた。しかも、その後は意外にも「RES以外全項目」を伸ばすのに、それ程骨は折れなかった。神官Lv:20の段階で、何とSPDもMAX一歩手前に。

Lv:20の神官がモルガーナにクラスチェンジした後はATKとRES上限値が3点も引き上がり、LUCは2点、SPDの上限値は1点引き上がるが、そもそもATKが42MAXでSPDもMAXが見えているメイの場合、やはりモルガーナにクラスチェンジした後も尚TECやDEFが照準に入っていた。しかも、どちらも7点ずつの不足という、少々苦しい立ち上がり。

それでも「RES+TECまたはDEF」に照準を当て続けた結果、何と最初の2レベルアップで「RES+TEC+DEF」が伸びてくれた。その為、モルガーナLv:9と非常に早いレベルでのALLMAX達成。スコアを何と5レベルも更新してくれた。

実は、夫婦漫才コンビの相方ボーイよりも1レベル早いレベルでの快挙。今までメイはボーイよりもALLMAXレベルが遅かったが、今回は逆転している。でも、どう見てもボーイの方がバランスが良いが、それは神官からモルガーナにクラスチェンジした後の上限値補正のせいもある。

メイの場合は神官時代までに習得した攻撃呪文が強力なものばかり(と言っても、破壊力が一番高いのがオーラだったりするが)で、本人が自負する通り最初からサンダーの呪文(射程3)も扱える為、モルガーナにクラスチェンジしてスライムやデスの呪文を習得してもらっても…。

そして、一応メイは神官時代に希少呪文の1つであるサイレスを習得してくれる。この魔法を習得してくれるのは、他には闇の聖女シェイドと、魔戦士ループを経て魔道士に転職し、更に賢者にクラスチェンジしたディーンのみ。でも、全員が魔防MAXに到達している今、そうそう呪文を封じたい敵には遭遇しないが(苦笑)

それでも、そもそも42迄伸びてくれるATKや、40迄伸びてくれるTECとSPDに支えられ、更にモルガーナにクラスチェンジした後の上限値補正のお陰もあるので、アタッカーとして使う分には申し分無い。

で、魔道士時代19回+神官時代19回+モルガーナ時代8回=46回のレベルアップで到達。でも、これだけを見ると、実はシルクやクレーベと同じレベルアップ回数で目標達成している。



スポンサーリンク



 


 

宜しければ、コチラのセールスレターも御覧になって下さいな(*^-^*)

 

◆FE Echoes育成レポート 目次

・はじめに その1その2

基本方針

具体的な実践方法

このレポートの見方

パラメータ項目について

聖なる井戸とパラメータ上昇アイテムについて

・お勧めの修行場 1~2章3~6章

・amiibo 戦神の試練女神の試練

・追加コンテンツのプレイ方法

第1弾 戦士の旅立ちセット   星の神殿悪漢とお宝と死者は眠らない

第2弾 勇者のチャレンジセット 星の神殿~深き場所~黄金の夢憤怒の葬列

第3弾 封印の祭壇セット    槍かざす騎士の祭壇盾かつぐ巨人の祭壇漆黒のカンムリドリの祭壇
闇まとう淑女の祭壇高潔なる妖精王の祭壇恐るべき戦鬼の祭壇
弓もち猛る巨象の祭壇書を抱く賢者の祭壇気高き女王の祭壇大いなる覇王の祭壇

・キャラクター別育成レポート アルム軍

アルムルカグレイ実践例)|ロビン実践例)|クリフ実践例)|エフィ実践例)|シルク
クレアクレーベフォルスパイソンリュートマチルダ
デューテティータジークマイセン

・キャラクター別育成レポート セリカ軍

セリカメイボーイジェニーセーバーバルボカムイ
レオパオラカチュアアトラス実践例)|ジェシーソニア
ディーンエストノーマコンラート

・キャラクター別育成レポート 0

エマランドユズシェイド

・プレイ絵日記 序章~1章 12
2章 12
3章 123456
4章 123456789
5章 1234
6章 123

・検証 レメゲトンの呪文追加コンテンツキャラの修行し直しの可・不可神々の試練のリプレイイリュージョン+グリモワールオーバークラス後の村人のフォーク

・成功事例 その1その2その3その4

・修行経過・アルム軍 その1その2その3その4

・修行経過・セリカ軍 その1その2その3その4

・レベルトライアル

ルール最速でALLMAXに達する為の基本方針挑戦結果の見方

・レベルトライアル実践結果(アルム軍)

アルムルカグレイロビンクリフエフィシルク
クレアクレーベフォルスパイソンリュートマチルダ
デューテマイセン

・レベルトライアル実践結果(セリカ軍)

セリカ|メイ←今ここ|ボーイジェニーセーバーバルボカムイ
レオパオラカチュアアトラスジェシーソニア
ディーンエストノーマコンラート

・レベルトライアル実践結果(0)

エマランド

・レベルトライアル実践結果(不参加組)

ティータジークユズシェイド

最終結果

・考察 その1その2

・終わりに その1その2その3

最速での大成功への秘訣は、コチラにも書いてあります(笑)