レベルトライアル・アルム

キャラクターの詳細:レポート記事参照

最速達成レベル:勇者Lv:18→オーバーロードLv:6

魔防MAXレベル:勇者Lv:18

目標到達レベル:勇者Lv:20

 

スポンサーリンク


レベルトライアル作戦
戦士Lv:1 HP ATK TEC SPD LUC DEF RES
初期値 28 10 7 6 7 5 4
上限値 52 41 41 39 39 41 40
戦士Lv:1~勇者Lv:20 24回 31回 34回 33回 32回 36回 36回
38回
戦士 最高値 47 29 26 25 26 24 23
目標値 40 27 25 22 25 24 23
手抜き可能回数 7回 2回 1回 3回 1回 0回 0回
勇者 最高値 52 41 41 39 39 41 40
目標値 52 41 41 39 39 41 40
手抜き可能回数 8回 5回 3回 2回 5回 2回 2回
オーバーロード 上限値上昇後 52 45 44 40 44 43 40
手抜き可能回数 19回 15回 16回 18回 14回 17回 19回

兎に角、アルムは初期状態のままだとDEFとRESが36点ずつ不足しているので、「RES+DEF」は2度までしか手が抜けない。

オーバーロードにクラスチェンジした後の事も考えると、ATKとLUCも手を抜かずにMAXにしたいところ。

その為、勇者時代でのALLMAX到達を目指すなら、「RESも含む全項目」しか照準にできない事も出てくるだろう。それでも、全体的に(RESも)成長率が高めなアルムならば、それ程苦労はしないと思われるが。

まぁ、初期値も成長率も高めなHPやATKは少々手を抜いても問題は無いが、それでも手を抜き過ぎも要注意。最悪の場合でも、RESMAXは当然としても、他の項目に関しても、せいぜい一番手が抜けるSPDも、37を目標にしたい。

オーバーロードへのクラスチェンジ後の上限値補正は、SPD<DEF<TEC<ATK<LUCの順で1点ずつ大きくなるので。

その為、勇者時代のALLMAXは不可能としても、ATK40、TEC39、SPD36、LUC39MAX、DEF38程度を目標に勇者Lv:20に到達すれば、最速であるオーバーロードLv:6でのALLMAXは可能である。

それでも、前回の成功事例を御覧になればお解り頂ける通り、前回勇者Lv:20でALLMAX到達を成し遂げているアルムの場合は、それでもせめて勇者Lv:20でも良いので、再度勇者時代でのALLMAX到達を目指したい。

スポンサーリンク


 

宜しければ、コチラのセールスレターも御覧になって下さいな(*^-^*)

レベルトライアル挑戦結果

挑戦結果:戦士 HP ATK TEC SPD LUC DEF RES
Lv:1 28 10 7 6 7 5 4
Lv:20 46 27 24 22 22 24 23
上昇回数 18 17 17 16 15 19 19
挑戦結果:勇者 HP ATK TEC SPD LUC DEF RES
Lv:1 47 27 24 22 22 24 23
Lv:18 52 41 41 39 39 41 40
上昇回数 5 14 17 17 17 17 17
挑戦結果:オーバーロード HP ATK TEC SPD LUC DEF RES
Lv:1 52 41 41 39 39 41 40
Lv:6 52 45 44 40 44 43 40
上昇回数 0 4 3 1 5 2 0

戦士時代から兎に角、最初から「RES+DEF」を狙い続けた。

最初のレベルアップでLUCのみ伸びなかった以外は、RESも含めて全項目伸びてくれた。これを切欠に順調に伸びてくれたが、戦士Lv:17辺りでTEC、SPD、LUC、DEFの不足具合が全く同じになってしまった。 しかも、戦士Lv:19の頃に「RES+TEC+SPD+LUC+DEF」がなかなか伸びなかったので骨を5~6本骨を折った。

でも、それとは対照的に、戦士時代最後のレベルアップではATK以外の項目がしれっと全部伸びてくれた。RES23、その他のパラメータも最悪でも17点の不足。 まぁ、そこまで欲張らなくても勇者時代のALLMAXは不可能ではないのだが、折角のレベルトライアルだし、しかも「外伝」の当時から御世話になっている主人公でもあるので、最速でのALLMAXを達成したいので。

しかし、当然の如く勇者になった後も尚、TEC、SPD、LUC、DEFの不足具合が全く同じ状態での修行再開だったので、非常に厳しい立ち上がりだった。しかし、それでも「RESを含む全項目」が伸びてくれた事も非常に多かったし、勇者Lv:6でHPがMAXに到達した後は項目が1つ減ったお陰もあって更に楽になった(尤も、吟味は大変だったが)。更に、勇者Lv:17でATKもMAXに到達し、更に1つ項目が減ってくれた。

そうしたプレイヤーの吟味への執念とアルム本人の努力のお陰で、勇者Lv:18で一度ALLMAXに到達。スコアこそ2レベルしか更新していないものの、実は最速でのALLMAXに到達という快挙を成し遂げた。流石主人公と言うべきか。

当然の如く、オーバーロードにクラスチェンジした後も尚、「RES以外全項目」を伸ばし続ければ良いだけなので、そもそも素の成長率がどれも高めなアルムの場合は非常に楽だった。勇者Lv:20に到達したアルムがオーバーロードにクラスチェンジすると、上限値補正は起伏が非常に激しいが、メイヴにクラスチェンジしてRESの上限値が2点引き上がるセリカとは違い、RESの上限値はそのままなので。当然の如く、SPD、DEF、TEC、ATK、LUCの順にMAXに戻っていき、オーバーロードLv:6でLUCが伸び切って再度ALLMAXに戻った。

4章に物語が進んで勇者にクラスチェンジした後直ぐに弓の修行を始め、「ハンターボレー」「月光閃」「忘我・無底弓」と強力な戦技も沢山習得したお陰もあり、剣を握らせても弓を構えさせても主軸を担ってくれていた。元来TECが41迄伸びてくれる上に、オーバーロードにクラスチェンジすればTECの上限値も44迄引き上がる(因みにATK上限値は45になる)し、おまけに弓の射程も1伸びて、敵魔法使いに対しても一方的に弓の一撃をお見舞いできる事も多い。

でも、実際には戦士時代から扱える剣で敵将を撃破する事の方が多かった。殊に、5章のドーマ神殿でのベルクトとの最終決戦では、ベルクトの技能「妄執」のせいで、弓のダメージは通りにくくなっているので、これまで通り、王家の剣の戦技「獅子連斬」で叩き斬る。

 



スポンサーリンク



 


宜しければ、コチラのセールスレターも御覧になって下さいな(*^-^*)

 

◆FE Echoes育成レポート 目次

・はじめに その1その2

基本方針

具体的な実践方法

このレポートの見方

パラメータ項目について

聖なる井戸とパラメータ上昇アイテムについて

・お勧めの修行場 1~2章3~6章

・amiibo 戦神の試練女神の試練

・追加コンテンツのプレイ方法 第1弾 戦士の旅立ちセット   星の神殿悪漢とお宝と死者は眠らない

第2弾 勇者のチャレンジセット 星の神殿~深き場所~黄金の夢憤怒の葬列

第3段 封印の祭壇セット    槍かざす騎士の祭壇盾かつぐ巨人の祭壇漆黒のカンムリドリの祭壇闇まとう淑女の祭壇高潔なる妖精王の祭壇恐るべき戦鬼の祭壇弓もち猛る巨象の祭壇書を抱く賢者の祭壇気高き女王の祭壇大いなる覇王の祭壇

・キャラクター別育成レポート アルム軍

アルムルカグレイ実践例)|ロビン実践例)|クリフ実践例)|エフィ実践例)|シルク| |クレアクレーベフォルスパイソンリュートマチルダ| |デューテティータジークマイセン

・キャラクター別育成レポート セリカ軍

セリカメイボーイジェニーセーバーバルボカムイ| |レオパオラカチュアアトラス実践例)|ジェシーソニア| |ディーンエストノーマコンラート| ・キャラクター別育成レポート 0

エマランドユズシェイド

・プレイ絵日記 序章~1章 12

2章 12

3章 123456

4章 123456789

5章 1234

6章 123

・検証 レメゲトンの呪文追加コンテンツキャラの修行し直しの可・不可神々の試練のリプレイイリュージョン+グリモワールオーバークラス後の村人のフォーク

・成功事例 その1その2その3その4

・修行経過・アルム軍 その1その2その3その4

・修行経過・セリカ軍 その1その2その3その4

・レベルトライアル

ルール最速でALLMAXに達する為の基本方針挑戦結果の見方

・レベルトライアル実践結果(アルム軍)

|アルム←今ここ|ルカグレイロビンクリフエフィシルク
クレアクレーベフォルスパイソンリュートマチルダ
デューテマイセン

・レベルトライアル実践結果(セリカ軍)

セリカメイボーイジェニーセーバーバルボカムイ
レオパオラカチュアアトラスジェシーソニア
|ディーン|エストノーマコンラート

・レベルトライアル実践結果(0)

エマランド

・レベルトライアル実践結果(不参加組)

ティータジークユズシェイド

・最終結果

・おわりに その1|その2|その3|その4|

最速での大成功への秘訣は、コチラにも書いてあります(笑)