実践レポート:リュート

- Category - 実践レポート

名前:リュート

性別:男

CV:梯篤司

成長率:

成長率(%) HP ATK TEC SPD LUC DEF RES 成長率合計
Echoes 50 30 75 40 50 35 2 282
外伝 40 20 20 15 50 15 0 160

参考:ユニット成長率 – ファイアーエムブレムエコーズ(FEエコーズ) | 神攻略wiki

FE外伝キャラ育成・リュート

育成難易度:S

スポンサーリンク


 

備考

森の村の魔道士で、英雄ソフィアの愛弟子の女性魔道士の子孫。

最初からエクスカリバーの呪文が使えるし、アルム軍は魔道士が少ない。その為、エース候補に入る、かと思いきや…。

実は成長率合計値自体はマチルダやデューテよりも高くクレアと同じなのだが、実はTECやLUCなど、あまり重要とは言い難いところに偏っており、肝心のATKやDEFはやや低め。

更に、ただでさえ高くはないDEFが兵種補正のせいで下がってしまっているので、とても肉弾戦をまかせる事は出来ない。

まぁ、今も昔も、リュートの成長率はLUC(うんのよさ)とHPは高いが、DEF(しゅびりょく)は結構低いので、扱い易いとは言い難かった。「外伝」時代に「ATK+LUC+DEF」の伸びを狙うのも非常に大変だった。

それでも、「Echoes」の現在で、「RES含む全項目上昇」を狙い続ける方が、それに輪をかけて大変そうだが。。。

習得できる呪文も多いが、実はボーイやノーマが扱えるものと全く同じ。更に、賢者にクラスチェンジしてもリカバーの呪文を覚えるだけで、リュート(と他数名)しか覚えない魔法というものは無いのがやや苦しいところ。

その上、習得呪文の威力と言いATKの数値と言い、妹デューテに及ばないのも苦しい。クリフやロビンが魔道士になっていると見劣りしそう(クリフは賢者に昇格するとオーラを覚え、ロビンも賢者になればリブローを覚える為)

上限値に関しても、TECは43と全キャラで一番高いので、クリティカル率の高い魔法でリュートの得意技であるエクスカリバーの呪文と相性が良い。

でも、それだけならば、寧ろ傭兵やアーチャーの方が適職な気がしないでもないが…。

支援者は妹デューテのみ。シスコンなのだろうか…?

余談だが、男性魔道士が賢者を経てオーバークラスであるソロモンにクラスチェンジすると、その直後にレメゲトンの呪文を習得する。

そのレメゲトンの呪文を唱える場合、魔力を増強させる指輪「グリモワール」を装備していると、呼び出せる魔物の質がグレードアップし、何と白竜や魔人をも召喚できるようになる。

リュートもこの例に漏れず、グリモワールを装備したり外したりする事で、召喚する魔物の強弱を使い分ける事もできるので、戦術に幅が出て器用になった。

その上、リュートの場合はソロモンにクラスチェンジしてもATKは39で止まってしまうので、グリモワールによる魔法の破壊力の増強は必要不可欠だろう。

後、リュートの場合は、村人のフォーク無しだとレベルアップ回数は51回。天馬騎士の長姉よりは1回だけ多いが、初期値の段階でも手の抜けなさが漂ってくる。

更に、偏った成長率な上にRESの成長率は2で、しかもどういう訳か男性魔道士の場合はRESの兵種補正は無し。その為、ALLMAX到達は村人のフォーク無しだと非常に厳しいので、難易度は「S」とした。

スポンサーリンク


宜しければ、コチラのセールスレターも御覧になって下さいな(*^-^*)

 

育成計画

リュートの場合は、そもそも初期値が低めなSPDやLUC、若しくは兵種補正のせいで下がってしまっているDEFをRESと一緒に伸ばしていく事が、修行のコツ。

そもそも素の成長率が75%もあるTECに関しては、星の宝珠による補正と兵種補正のお陰で成長率が100%以上になるので、必ず1点は(時折2点)伸びてくれる。

更に、HPの伸びの良さも相変わらずなので、HPとTECは無視していてもMAXになってくれるので問題無し。

逆に、そもそも初期値が低いLUCや、兵種補正のせいで低下してしまっているDEFは一度たりとも手が抜けないので、こちらは出来るだけ手を抜かない事。

後、リュートの場合もクレーベ同様に最初から魔道士Lv:7でクラスチェンジボーナスが殆ど無いので、それはいっそ無視して、最初から「RES+DEForLUC」、「RES+α」、「RES以外全項目」に照準を絞って鍛えていく。

RESの成長率に関しても2%と、ボーイやノーマよりはましなリュートだが、兵種補正の恩恵にあずかれないのがツラい。

その為、リュートの場合もRESを伸ばす事だけは相当苦労するだろうが、それでも賢者Lv:20の段階で22は最低目標とする。

ソロモンにクラスチェンジすると、TECが2点、HPとDEF以外の前項目が1点ずつ(RESも)上限値が上昇してくれるので、ソロモンになった後のレベルアップを全て「RES+一番不足している項目」、「RES+α」に注ぎ込めば、少なくともRESはMAXに到達してくれる。

まぁ、ソロモンになってから楽をしたい人は、RESを29、TECを41、SPDを39、LUCを34、DEFを37、後の2項目は全てMAXにする事だが、その分魔道士~賢者の時にいばらの道を辿らなければならないのは下の計画表を御覧になればお解り頂けるだろう。

尚、聖なる井戸やパラメータUPのアイテムは、RESよりも他の項目の方が使い易いし、上限数も多い。

魔道士Lv:7 HP ATK TEC SPD LUC DEF RES
初期値 28 12 9 7 2 5 8
上限値 52 38 43 40 40 39 40
目標値 51 38 41 39 34 37 29
魔道士Lv:7~賢者Lv:20 24回 26回 32回 32回 32回 32回 21回
32回
ソロモン 上限値上昇後 52 39 45 41 41 39 41
手抜き可能回数 魔道士~賢者 9回 6回 0回 2回 0回 0回 14回
ソロモン 19回 18回 15回 17回 12回 17回 7回

スポンサーリンク


 

実践例:魔道士

実践例:魔道士 HP ATK TEC SPD LUC DEF RES
Lv:7 28 12 9 7 2 5 8
Lv:20 38 22 26 16 15 13 16
上昇回数 10 10 13(17) 9 13 8 8

何と、この段階では13回しかレベルアップできないのだが、TECは17点も伸びている。

更に、LUCも必ず1回伸びてくれたのも、今も昔も運が伸び易いリュートだからだろう。

その反面、DEFは13点とかなり低いので、やはり肉弾戦はさせてはいけない。

3章で森のほこらで修行をして魔道士Lv:20に到達した時に進軍し、水門をクリアしてデューテを仲間に加えた後、再度森のほこらまで引き返して賢者にクラスチェンジ。

 

実践例:賢者

実践例:賢者 HP ATK TEC SPD LUC DEF RES
Lv:1 39 22 26 16 15 13 16
Lv:20 52 35 43 29 32 28 26
上昇回数 13 13 17 13 17 15 10

やはりと言うべきか、この段階でHPとTECはMAX。魔道士時代は13で止まってしまっていたDEFも28迄成長した。

こちらもやはり、RESは10点しか上がっていない。この様子だと、ALLMAXは難しいか。

できればHPやTECと一緒にATKもMAX(38)にしておきたかったが、MAXになる迄に不足しているLUCやDEFを伸ばす事の方が先決なので。

この段階では流石にMOVの低さやマップの足場の悪さ、更にMOVの高い面々が続出したせいもあってあまり活躍が見られなかったが、それでも良い仕事はしてくれていた。

アルムやセリカが規定レベル(勇者若しくはプリンセスのLv:15)に到達した後で、ソロモンにクラスチェンジした。

 

実践例:ソロモン

実践例:ソロモン HP ATK TEC SPD LUC DEF RES
Lv:1 52 35 43 29 32 28 26
Lv:20 52 39 45 41 41 39 41
上昇回数 0 4 2 12 9 11 15

で、できた…。

ソロモンにクラスチェンジした後は、26もあるRESに眼をつけ、「RES+一番不足している項目」をしつこく狙っていった。

RESが伸びなかった事はあったが、間一髪!!ソロモンLv:20でALLMAXに到達。レベルアップ回数が51しか無いとは言え、このような修行のし方をすれば、このような結果になるのね(笑)

リュートの場合は、ソロモンにクラスチェンジしても39しか無いATKを補う意味合いで、しゃく…、もとい、「グリモワール」は必要不可欠!!

レメゲトンの呪文で、魔人や白竜も呼び出せるようになれば、相手も驚く筈(笑)

しかもグリモワールを付け外しすれば召喚できる魔物の強弱を使い分ける事もできる。そういう意味合いでは、妹デューテよりも器用かも。

同じソロモンであるボーイやノーマと比べてもでも、ヤシャ並みに高いTECの数値が目立っている。その為、エクスカリバーを放とうものなら殆ど確実にクリティカルだろう。

でも、妹デューテと比べると、勝っているのがTECとDEFのみというのは少々辛い。仲間に加わる時のレベル差のせいもあるが、ALLMAXに到達するのも、妹の方が早かったし(余談だが、マチルダもオーバークラスのLv:14でALLMAX)。

 

参考:ユニット成長率 – ファイアーエムブレムエコーズ(FEエコーズ) | 神攻略wiki

FE外伝キャラ育成・リュート

スポンサーリンク


宜しければ、コチラのセールスレターも御覧になって下さいな(*^-^*)

 

◆FE Echoes育成レポート 目次

・はじめに その1その2

基本方針

具体的な実践方法

このレポートの見方

パラメータ項目について

聖なる井戸とパラメータ上昇アイテムについて

・お勧めの修行場 1~2章3~6章

・amiibo 戦神の試練女神の試練

・追加コンテンツのプレイ方法

第1弾 戦士の旅立ちセット   星の神殿悪漢とお宝と死者は眠らない

第2弾 勇者のチャレンジセット 星の神殿~深き場所~黄金の夢憤怒の葬列

第3段 封印の祭壇セット    槍かざす騎士の祭壇盾かつぐ巨人の祭壇漆黒のカンムリドリの祭壇
闇まとう淑女の祭壇高潔なる妖精王の祭壇恐るべき戦鬼の祭壇
弓もち猛る巨象の祭壇書を抱く賢者の祭壇気高き女王の祭壇大いなる覇王の祭壇

・キャラクター別育成レポート アルム軍

アルムルカグレイ実践例)|ロビン実践例)|クリフ実践例)|エフィ実践例)|シルク
クレアクレーベフォルスパイソン|リュート←今ここ|マチルダ
デューテティータジークマイセン

・キャラクター別育成レポート セリカ軍

セリカメイボーイジェニーセーバーバルボカムイ
レオパオラカチュアアトラス実践例)|ジェシーソニア
ディーンエストノーマコンラート

・キャラクター別育成レポート 0

エマランドユズシェイド

・プレイ絵日記 序章~1章 12
2章 12
3章 123456
4章 123456789
5章 1234
6章 123

・検証 レメゲトンの呪文追加コンテンツキャラの修行し直しの可・不可神々の試練のリプレイイリュージョン+グリモワールオーバークラス後の村人のフォーク

・成功事例 その1その2その3その4

・修行経過・アルム軍 その1その2その3その4

・修行経過・セリカ軍 その1その2その3その4

・レベルトライアル

ルール最速でALLMAXに達する為の基本方針挑戦結果の見方

・レベルトライアル実践結果(アルム軍)

アルムルカグレイロビンクリフエフィシルク
クレアクレーベフォルスパイソンリュートマチルダ
デューテマイセン

・レベルトライアル実践結果(セリカ軍)

セリカメイボーイジェニーセーバーバルボカムイ
レオパオラカチュアアトラスジェシーソニア
|ディーン|エストノーマコンラート

・レベルトライアル実践結果(0)

エマランド

・レベルトライアル実践結果(不参加組)

ティータジークユズシェイド

・最終結果

・おわりに その1|その2|その3|その4|

 

日頃の努力が運を引き寄せる(リュート談)